takepunks not DEAD

Dialy

»more


2020.02.10 11:36Smash upレコ発参戦二日目は名古屋RAD SEVEN

朝は6時半に起床。睡眠時間的には全然足りてなかったけど、名古屋でリハの前にスタジオに入るためなので仕方が無い。東京の朝はだいぶ冷え込んでいたまだ日が登り始めるくらいに出発。

ちょっと余裕を持って出たのでそこまで混んでなかったし、節約で高速は使わずチヨンのところまで迎えに行く。それでも予定より30分くらい早く集合場所に着けたので結構順調だったかと。

出発してすぐにチヨンは爆睡。まぁこんなところでお互いに足を引っ張り合っても無意味なのでゆっくり寝かせてあげる。その代わり最高のパフォーマンスを期待。移動は途中でトイレ休憩を挟んで一気に名古屋まで4時間かからないくらい。

スタジオはいつもの今池。これでライブがHUCKFINNだったら最高なのになーなんてマジ思ったwこのところ多めにスタジオに入れてるのは良い。こういう時間が無いと新しいものは生まれないからね。

そう言えばRAD SEVENの近いところの駐車場に車を停めたんだけど、その駐車場が猫の糞だらけで焦った。車を降りる瞬間も足元注意だな…これもまた日々勉強。

一気に搬入してすぐにリハ。RAD SEVENは2回目なんだけど、音はマジで気持ちよくあっという間に決まった。が、ここでホントは照明注文をしなきゃいけないのを忘れてしまい、本番で手元が真っ暗という失敗…TT

せっかく書いてるブログなんだからちゃんと読み返しとかなきゃだわ…。

遅めの昼食にタクジを誘おうと思ったら、結構真面目に他のバンドのリハを観てたので誘っちゃまずいのかなー・・っと2日連続でひとり飯。昨日は初めて「あんかけスパゲッティ」ってのを食べた。詳しくは後日食べログの方へ。

メシ後は帰りの運転もあったので少しでも寝ておこうと1時間ほど車で休む。うんこを踏まないように・・。

そんなこんなでライブはスタート。一発目のSCAM GAMESは久しぶりの対バンだったけど、ステージ上にテレビモニターを並べてのすげーかっこいい雰囲気ライブをしてた。・・・が、まさかの本番中に停電wテレビのせいでは無いらしいけど、あのタイミングは完全にネタっぽくなるわなw久しぶりにヒサダさん観たけど相変わらず元気な感じでスゴイ。

からのSABOTEN。ここもまたヨシキとのパイプも太いところだろうけど同じ大阪のバンドだし世代的には少し下くらいのはずだからもっと一緒にやればいいのにって思う。先月の仙台があったから全然久しぶり感は無かったけど、もうすぐに次のステップに照準を向けてる感じはさすがだ。

そしてあっという間に自分らの出番。このところセトリで色々やってない曲を入れれて無かったので昨日は結構ガッツリマニアックなのを織り交ぜてみたのがいい感じのテンション感だったかな。ただ、マジで照明が暗すぎてというより後ろからの照明が強すぎて手元が全然見えないと言う前回と同じ状態になっていたのが唯一の心残りw

二日目のSmash upは名古屋がツアーの原点だと言ってたけどちょうどその頃のSmash upを俺はACBで観てたんだなーって思い出した。タクジも言ってもいい歳のハズなのに童顔過ぎて歳とってるのがわからんのは羨ましいw

新しい曲も古い曲も織り交ぜながらのちょっとだけ長尺なのは待ってたお客さんにとっては嬉しい感じなんだろうなーって思う。うちらも早くレコ発って響きの事がやりたくなる。

終わってからの打ち上げは栄のParty’sでそっちのバンドたちとセパレートで合同みたいな感じだったけど、まさかのParty’zは磐田のアトスキだったみたいw正月にベースの久米とも会ってたしこうやってちょこちょこ会えるのは嬉しいね。

自分的には最後の移動で名古屋からチヨンを送って帰るというミッションがあったので0時くらいには切り上げて名古屋を出発。それでも家に着いたら5時位の計算だからね…ヘヴィ。運転手ってホントスゴイんだなーってやりながら思うわ。

朝から移動でライブして戻るめっちゃ長い一日だったけど、東京でライブをやる時はヒデタがそんな感じなんだなーって思うと何も言えん。まだまだ俺もがんばらんとな。そんだけ体力使うんだから、一本一本のライブをホント無駄にしたくない気持ちは今まで以上に増してる。

次のライブまでがちょと空いちゃうけど、しっかり充電しなきゃな。

お疲れさんでしたー。

(累積生涯走行距離: 10986.15 + 697 = 11683.15km)


コメントを投稿

名前:
メールアドレス:
コメント:
※コメントは承認されるまでは表示されません。

Calendar

Contact

応援、質問、相談何でもどうぞ!メールはなるべく返すように努力します!あと、携帯電話等の人は必ず「takepunks@」からのメールを受信できるように設定してください!

お名前
返信用メールアドレス
ご用件
本文